読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただつぶやく......

レコードコレクターです。70・80年代邦楽がテリトリーです。主に音楽関係を妙にマニアックにつぶやきます。Twitterのまとめ備忘録の側面もあったり。Instagram、Twitterやってます。どちらも音楽ネタがメインコンテンツ。アカウントはどちらも@eachtime1207

松田聖子の中古レコード価格に関する考察

価格的な話だと一番松田聖子が説明しやすいので例として取り上げます

 

現在廃盤となっている中古レコードを手に入れるにはディスクユニオンレコファンHMV等の中古レコードCD専門店、ハードオフ等のリサイクルショップ、ヤフオクなどのネットオークションに大別されます

 

これまでの小生の経験から紹介しますと

 

松田聖子に関してはシングルf:id:eachtime1207:20170109104102j:imageですと、安いと¥50から高いと¥500くらいが常識的な範囲かと思います。盤のコンディションの担保がないハードオフのジャンクコーナーが¥50、盤の質の担保がある中古レコードはより高くなります。中古レコード店でもディスクユニオンなどチェーン系の店舗は¥300か¥500くらいが多く、ローカルに少数店舗だけで堅実に営んでいる中古レコード店は¥500〜¥1,000くらいのプライスゾーンが多いです。チェーン系レコード店は仕入れ量が多いため比較的安めなプライスゾーンになるのがメリット。一方ローカル経営のレコード店は安さでは勝てないが、特に邦楽に関しては品揃えの幅広さ・珍しさで勝負しているって感じでしょうか。ただディスクユニオンに関しては昭和歌謡館を作って邦楽でも品揃えの幅広さで対抗してきてますが.....残念ながら新宿にしかありません。ハードオフは店舗ごとにジャンクコーナーの品揃えはまちまちですが、当時の売れっ子歌手は結構在庫していることが多く、時間と労力を掛けさえすれば松田聖子クラスなら1枚¥50でほとんどの作品(21st『ボーイの季節』くらいまでは多分楽勝です)を集めるなんてことも充分可能です。ただ、ジャンクコーナーでは試聴はできず、また返品も出来ませんので、購入は自己責任で

 

さて、 聖子ちゃんは一部レアジャケットと呼ばれる通常盤とはデザインの違う2ndプレスジャケットが存在してます。

f:id:eachtime1207:20170109101442j:image

たとえばこの左側の『夏服のイヴ』ジャケットなんかまさにそれですが、当時の流通量が少なかった上にその多くが聖子クラスタの手元から流出しないため、リサイクルショップや中古レコード店ではほぼ見かけません。ピンポイントでネットオークションに出品される珍しい機会のを狙うしかありません。ただ売り手もレアと分かっているので強気ですし、加えて競合も激しくなるのは必至で数千円から下手したら万円、それなりの資金を用意すべきでしょう。オク前提なので適正価格は分かりません、ご了承下さい

 

では、続いて聖子ちゃんのアルバム。これも価格設定の原理はシングルと一緒です。安くて¥100、高くて¥1,000くらいでしょうか。ハードオフのジャンクコーナーは¥100、チェーン系の大型中古レコード店では¥500くらい。ローカル系の中古レコード店は¥1,000くらい、それくらいが相場でしょうか。ここをベースに帯やシュリンクシールがないと価格が下がるし、状態が良好であれば高くなるかも?このような感じですね。それともう1つ。聖子ちゃんのアルバムでLPが作成されたのはたしか15th『Citron』までだったと思いますが、『Citron』は恐らく世の中がCDに以降してきていた影響でプレス枚数が少ないと思われ、その分他のアルバムに比べて価格は高いと思われます。ネットの落札価格でも¥1,000〜¥2,000くらいが多いようです

 

高音質と謳われたマスターサウンド盤については流通量のしっかりとした3rd『Silhoette』以降であれば¥3,000前後が妥当です。マスターサウンド盤もやや流通量が少ないため、手に入れるには大手中古レコード店、ないしはネットオークションを探すのが良いかと思います。ハードオフではなかなかマスターサウンド盤はお目にかかれません。コンディションとしては盤の質、シュリンクシールf:id:eachtime1207:20170109103700j:imageの有無などは加味してご予算と検討されるのが良いかと思います

 

聖子ちゃんは売れっ子でプレス枚数が多いので中古市場であっても需要<供給になっており、おかげで多くの盤を格安で集めることができるわけです。一方、当時聖子ちゃんのようには売れなかったアイドルの方が中古市場では流通枚数が少ないため相対的に価値が高くなり高値が付きます、経済原理からいってこれは当然ですね

 

何度か言及したハードオフですが、世の中のレコードブームを察してか、ジャンク棚ではなく通常棚(ビニールでシールドされたある程度コンディションが良いものを集めた棚の意味です)は店舗ごとに価格が上昇傾向にあると感じます。聖子ちゃんのありふれたアルバムで¥2,000もの価格を付けたものを見たときは本当に驚きました。そんな店舗ばかりではなく良心的な価格設定の店もありますので、いろいろ掘りに行ってみてください。たまに掘り出し物ありますしね

 

これから聖子ちゃんのレコードを買う、なんて人がいらっしゃったらご紹介した価格帯の情報が参考になりましたら幸いです