読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただつぶやく......

レコードコレクターです。70・80年代邦楽がテリトリーです。主に音楽関係を妙にマニアックにつぶやきます。Twitterのまとめ備忘録の側面もあったり。Instagram、Twitterやってます。どちらも音楽ネタがメインコンテンツ。アカウントはどちらも@eachtime1207

中森明菜『ノンフィクションエクスタシー』に関する考察

中森明菜

 中森明菜のシングルの中で86年11月にカセットテープ限定で発売された『ノンフィクションエクスタシー』(CT: LKC-2008)というちょっと企画色の強い作品があります。この作品、Tweetにもある通り、プロモ盤?サンプル盤?がEPで作成されてます(EP:LS-1056)下の画像を見ると左上に『SAMPLE』の文字が見えますね

f:id:eachtime1207:20161227210542j:plain

f:id:eachtime1207:20161227210546j:plain

(画像、お借りしました.....)

御多分に洩れずこのEPサンプル盤も中古市場に非常に少ないながらも流通しています。そして当然のことながらプレミア化してます。小生も持っておりません。

 

この曲、中森明菜公認盤では確か唯一『BESTⅡ』(1988)に収録されているので聴くこと自体は容易なのですが、このサンプル盤を中古で手にするのは非常に困難なんです

 

というのもオークション落札価格は万を超えることも多く、高い時は2万5千円なんてこともあり、明菜クラスタが自分の存在価値を示すために(笑)このレア盤の熾烈な争奪合戦をやっております

 

それと本来のカセット盤も数千円で取引されてますね。やはりカセットプレーヤーの普及状況と流通量からこっちは現実的な価格