読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただつぶやく......

レコードコレクターです。70・80年代邦楽がテリトリーです。主に音楽関係を妙にマニアックにつぶやきます。Twitterのまとめ備忘録の側面もあったり。Instagram、Twitterやってます。どちらも音楽ネタがメインコンテンツ。アカウントはどちらも@eachtime1207

松田聖子がソニーで林哲司と出会った(下條アトム風)

 このTweetの前に松田聖子への南佳孝からの提供曲に関する考察をTweetしたところ、不人気アカウントの小生にしては多くのいいねを頂戴したのであるが、その直後にTweetした松田聖子への林哲司からの提供曲に関する考察は未だにいいね一つ付かず林哲司好きとしては非常に腹ただしい思いで一杯であり(笑)引用RTでのさらなる考察へのやる気をとたんに失った次第(爆)ただ、勿体ないからここに記録しておく。

アルバム『Canary』(1983)

『③Private School』作詞:松本隆、編曲:井上鑑

『⑥LET'S BOY HUNT』作詞:松本隆、編曲:井上鑑

Canary

Canary

 

 『Canary』では大瀧詠一に見出され、寺尾聰ルビーの指環』、薬師丸ひろ子探偵物語』等々のヒットで売れっ子アレンジャーの仲間入りしていた井上鑑がついに編曲に参加。その井上鑑がアルバムアレンジを手掛けた同じCBSソニーのラジがさりげなくコーラスに参加してたり*1林哲司は聖子作品では作曲に徹してアレンジは井上鑑に任せてたんですな。杉山清貴&オメガトライブの活動期だし、菊池桃子もデビューアルバムを控えお忙しかったのでしょうか?あっ、『LET'S BOY HUNT』大好きです(照)

アルバム『Tinker Bell』(1984)

『①真っ赤なロードスター』作詞:松本隆、編曲:船山基紀

『④密林少女』作詞:松本隆、編曲:大村雅朗

Tinker Bell

Tinker Bell

 

 『Tinker Bell』では船山基紀とのペアリングも。あんまりイメージないですよね、この組み合わせ。さくっと調べたところ、シングルチャート10位以内で引っかかったのが、島田奈美『パステル・ブルーのためいき』(1987)くらい。これも松本隆林哲司船山基紀の組み合わせだったりする

アルバム『Windy Shadow』(1984)

『⑧銀色のオートバイ』作詞:松本隆、編曲:戸塚修

『⑩Star』作詞:松本隆、編曲:大村雅朗

Windy Shadow

Windy Shadow

 

 松田聖子の偉大なるレギュラーアレンジャー大村雅朗先生と戸塚修がアレンジ。戸塚修の代表作、少年隊『ダイヤモンド・アイズ』(1986)、近藤真彦『愚か者』(1987)、浅香唯『セシル』(1988)。80年代後半にヒット作が集まっているアレンジャー

 

*1:ラジ『Acoustic Moon』(1981)